2012年12月アーカイブ

忘年会シーズンですね。

私ももう忘年会を終えましたよ!

そうです薬剤師仲間6人でやりました。

 

ところで最近思う事があるのです。

そういった忘年会をやる居酒屋さんでの光景。

この前の忘年会の時も見てしまったのですが、お客さんの店員さんに対する態度のことなんですが、かなり横暴な方が多い気がするのです。

勿論お金を払っているからという感覚なのでしょうが、その何でも言っていいという態度はいかがなモンなのでしょうか?

 

なんだかくだらないことで難癖をつけ、怒りまくる。

酔っ払っているからというのもあるとはあると思うのですが、当然店員さんは何も言えず平謝り。

かわいそうでしたし、周りの雰囲気も本当に悪くなって来てしまいました。

 

皆さんも気をつけましょうね。

人のフリ見て我がフリなおせですね。

皆さんは、薬剤師の業務をどれくらいご存知でしょうか。

現在薬剤師として働いている方。もしくは薬剤師を目指している方。どのような方についても、薬剤師の業務を知ることは大いに今後に役立つことでしょう。もしも薬剤師への就職や転職を考えているのであれば、なおさらです。

薬剤師の中心の業務は、何と言っても調剤業務であると言えます。しかし、薬剤師は調剤業務のほかにも、様々な業務を行います。

その多岐に渡る業務の中の一つに、医薬品管理があります。

医薬品管理業務とは、病院内で使用される全ての医薬品の購入がまず含まれます。医薬品とは内用薬、外用薬、注射薬などすべてのことです。そしてその医薬品の在庫、院内各部署への供給、そしてその品質管理を行う業務を総称して言います。特に、品質面の温度、湿度、光などの管理には万全を期しているので、この医薬品管理業務は病院薬剤師の重要な業務の一つと言えます。

病院薬剤師になりたい人はコチラチェックしてね!

また、購入管理は、必要な医薬品を、納入業者である薬問屋から購入し、納品に際しては検収作業を行います。薬品名、包装単位などの確認はもちろん、有効・使用期限がどの程度残っているのかなどもチェックして記録しているそうです。

在庫管理は、必要な時には十分在庫されてかつ、多過ぎると品質が低下する可能性があるので、適度な在庫量となるよう配慮されているそうです。多くの病院においては、コンピューターで在庫管理をしていますが、まだ薬剤師の経験に頼る部分も多くあるそうです。

この在庫管理において、病院で使用される薬は、用途の面から、調剤用・処置用・消毒用・検査診断用・血液類などに大別されます。また、麻薬、覚せい剤原料、向精神薬などの法的な管理も実施しているそうです。

このアーカイブについて

このページには、2012年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年11月です。

次のアーカイブは2013年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

リンク